imageimage

LIFESERVICE INFRASTRUCTURELIFESERVICE SUPPORTER

社員インタビューINTERVIEWINTERVIEW

MISSION ISSHARINGTECHNOLOGY IS

チームで連携し一丸となり“数値”を追う
地元企業へのUターンで得た責任感と働きがい

マーケティング事業部 バーティカルメディア マーケティングストラテジー課

INTERVIEW
INTERVIEW

Uターン転職でレベルアップ!面接方法の柔軟さと内定までのスピードも決め手

スマートフォンなどでネット検索をすると、自分が打ち込んだキーワードに連動して検索結果上に表示される広告を「リスティング広告(検索連動型広告)」といい、私はその運用を行っています。
前々職の6年間は、テレビドラマや映画、CM撮影のスケジュール管理や制作進行などの仕事をしており、全くジャンルの違う業種に就きたいという気持ちから前職となるIT会社でアプリ開発の運用の仕事に就きました。
その会社ではAIなどの最先端技術を使った工数削減や業務運用を行っており、私はそこで社内インフラの構築とそれに関わる運用保守業務を担当していました。
日々の業務をこなす中で、自分自身でお客様を獲得するような施策を考え、実行する業務に魅力を感じ、現在の知識やスキルを活かしながら働ける会社を探していたところにシェアテクの求人を紹介いただいたのがきっかけです。
実家のある愛知へUターンすることをきっかけに東京から名古屋付近の会社への転職を考えていたため、中々現地まで行けない中でスカイプ面接など柔軟に対応していただけて、内定までがとてもスピーディで入社しやすかった点も決め手としてありますね。

責任感・緊張感があるからこその働きがい

私が行う業務は、売上や粗利益といった数字の進捗が会社全体に大きな影響を与えるため、責任感や緊張感をもって働く必要があり、プレッシャーもありますが、その分、とてもやりがいを感じています。
チームとしてオン・オフをしっかりと切り替える空気があるため、テキパキと働くのが好きな私にはとてもマッチしています。
また、他スタッフと協力しながら一体感をもって業務にあたれることも、シェアテクの好きなところのひとつです。

大事なのはコミュニケーションと数値へのコミット

どんな方と働きたいかといいますと、コミュニケーションがしっかりとれる方、また数値へのコミットメントが強い方が良いなと思います。
常に変化し続けるお客様のニーズなどを読み取り、より目を引く広告を出す必要があるので、シェアテクの好きなところにもあげましたが周りのメンバーとの情報共有や連携はとても大切だと感じます。
また、私が所属するマーケティング事業部はシェアテク全社の売上にとても密接に関わっているため、売上等の数値の動きに対して敏感でストイックな方のほうが、より活躍の場が広がるのではないかと思います!

効率化と生産性アップを意識し、業績への貢献度を上げていきたい

マーケティング事業部の一員として日々念頭においている目標は、シェアテクの売上・粗利益を伸ばすことです。
分かりやすい目標である反面、実際に達成させるためにはたくさんの工程が必要となり大変ですが、実際に自分の関わる業務で数値の動きが目に見えるため、やりがいを感じることができます。
また、その為に私個人が目指す姿としては、業務ひとつひとつにおける工数の削減を意識し、より効率よく作業を行うことで他の案件に割く時間を作り出すなど、
生産性を意識しながら時間を大切に、かつ上手く使えるようになることです。