民泊撤退をスピーディに代行「民泊撤退代行110番」提供開始~24時間365日、民泊オーナー様のお困りごとを解決~

暮らしのお困りごとを解決する総合プラットフォーム「生活110番」を展開するシェアリングテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役CEO 森吉 寛裕)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による宿泊オーナー様や運営会社様向けのスピード撤退代行サービス「民泊撤退代行110番」を2020年5月15日(金)より全国にて提供開始いたします。

シェアリングテクノロジーは、全国4,100社以上の加盟店ネットワークを活かし、暮らしのお困りごとを抱えた全国のユーザーにサービス提供する総合プラットフォーム「生活110番」を運営しております。

2020年に開催を予定していた東京オリンピック・パラリンピックに向け、インバウンド需要の拡大により急増した民泊施設は、2018年6月(民泊宿泊事業法施行日)から2年弱で11倍以上となり、現在では25,000件以上に増加しました(※1)

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う国内外の渡航制限等により、訪日外国人はもちろん、国内の観光客や出張客も激減しており、民泊施設のオーナー様や運営会社様は、民泊施設の撤退を余儀なくされている現状があります。

この度当社は、Web事業で培ってきたマッチングノウハウと全国の加盟店ネットワーク、また24時間365日で稼働するコールセンターを強みとして、民泊施設のオーナー様や運営会社様向けにスピード撤退代行サービス「民泊撤退代行110番」を開始いたします。

(※1)民泊制度ポータルサイト(2020年4月10日時点参照)

■「民泊撤退代行110番」について

<概要>
提供開始日:2020年5月15日(金)
対象事業者:日本全国の民泊施設、ホテル
サイトURL:https://minpakutettai110.com/

<特徴>
家具や家電の撤去など撤退時に関連する様々な業務を、全国の加盟店ネットワークを活かし一括でスピーディーに提供いたします。

①電話1本でご依頼可能
撤去作業の時間と手間がかけられない方は、電話1本で立ち合いの必要なく撤去作業を済ませていただくことが可能です。(※2)

②撤退作業は1日、撤去日直前でも対応
撤退作業は原則1日で済ませることが可能です。退去日直前まで宿泊ゲストの方がいらっしゃる場合も安心です。(※3)

③部屋の広さ・撤去日で料金を提案
料金は、部屋の広さと退去日から換算して提案いたします。どなたでも計算しやすい料金のため、ご納得のうえお申込みいただくことが可能です。

④24時間365日・日本全国受付対応
当社では自社コールセンタースタッフが、お客様からの相談を24時間365日、日本全国でお受けしています。平日はお忙しい方や夜遅くでないと時間がない方でもご利用いただけます。

(※2)物件やご契約状況等によりお立合いをお願いする場合があります。 (※3)部屋数や搬出量によって1日で終了しない場合があります。

■「生活110番」について
暮らしのお困りごとに関する140以上のジャンルを取り扱い、ユーザーにとって最適な専門提供者を全国4,100社以上の中からマッチングする総合プラットフォームサイトです。
サイトURL:https://www.seikatsu110.jp/

■会社概要

商号 : シェアリングテクノロジー株式会社
本社 : 〒450-6319
     愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋19F
代表者: 代表取締役 CEO 森吉 寛裕(もりよし のぶひろ)
設立 : 2006年11月24日
資本金: 8億8,122万円(払込資本17億2,744万円) ※2020年4月末現在
URL  : https://www.sharing-tech.jp/